Oxford Bookworms Stage1の3冊。

The President's Murderer (Oxford Bookworms Library)
★★☆☆☆ YL2~YL2.3
暗殺の容疑者が逃走する話。

みんなが協力してくれるのもよくわからないですし(多少説明はありましたが…)
結局、最後まで読んでもよくわからなかった。
難しくはないけどわかりにくい感じがしました。

Lottery Winner, Oxford Bookworms Library: 400 Headwords
★★★☆☆ YL1.8~YL2
ひったくりにあった女性のカバンの中には宝くじが入っていて…。

落としどころが微妙というか、最終的なところが知りたいっていうか(笑)
でもそれまでの過程というか、どうなっちゃうのかっていうのが気になって一気に読んじゃいました。

Goodbye Mr Hollywood, Oxford Bookworms Library: 400 Headwords
★★★★☆ YL1.8~YL2
ミステリアスな女性にあった後、命を狙われるはめになった男の話。

大変な目にあったねっていう(^^; 人騒がせですねー。
でも、どうなるのかハラハラして結構楽しめました。


洋書ランキング 英語学習者(中年)ランキング TOEICランキング 人気ブログランキングへ

Oxford Bookworms Stage1 | コメント(0) | トラックバック(0)
Sister Love and Other Crime Stories
★★☆☆☆
クライムサスペンス。
3編入っていて、最初のはすごく面白かったですが、
残りの2つはあまり読んでいて気分のよいものではなく。。。
落ちも微妙。。。。

Meaning of Gifts
★★☆☆☆
トルコの話? 短編4本。
1話目…ゲストが帰ってくれない話。
   なんでやねん、って突っ込みたくなる感じでした(笑)
2話目…先生へのプレゼントに何を贈るか考える。
   これはあまりストーリーがない感じというか…。
3話目…病気で寝ていた少年の話。
   そんな話!?って、最後に驚きました(^^;
4話目…子供たちが親に内緒で狩りをする話。
   ちょっと悲しい話。4つの中ではこれが一番よかったです。

One-Way Ticket: Short Stories
★★★★☆
1話目。実際にあったら大変だけど、お話としては上手い展開だなと思い。結構好き。
2話目。どうしてああなったのかよくわからなかったんですが…どこかに理由が書いてあったでしょうか?
3話目。ああいう展開を予想していなかったので、先に挿絵を見て驚き(笑)ちょっと鳥肌もの~でした。

はっきり理由がわからないような、でもわかるような、っていう感じで、
好みが分かれそうな気がしますが、私は比較的好きでした。
読みやすくオススメ。



YLと語数を書くのを忘れてましたが…
YL2くらいでしょうか? 語数は背表紙参照でm(__)m 5000語ちょっとくらいでしょうか?
洋書ランキング 英語学習者(中年)ランキング TOEICランキング 人気ブログランキングへ

Oxford Bookworms Stage1 | コメント(0) | トラックバック(0)
Mary, Queen of Scots
★★★★☆ YL2 語数:6540

スコットランド女王の生涯。処刑前に息子にあてた手紙で生涯を語る形です。
Stage2のヘンリー8世も読みましたが、ヘンリー8世とアン・ブーリンの娘がエリザベス1世で、この人がスコットランド女王の処刑の命令を下したということでしょうか?

この辺は事情が込み入っていてまだよくわからないというか、本気で知ろうとしたら、当時の思想とか宗教観とか、倫理についてとか…
一朝一夕に知れるようなものではないと思いますが、その一端に触れられる本ですね。

この辺の話はテレビとかでも見たような気がしますが、よく覚えてない。
描かれ方が違うとだいぶ印象も違いますね。



洋書ランキング 英語学習者(中年)ランキング TOEICランキング 人気ブログランキングへ

Oxford Bookworms Stage1 | コメント(0) | トラックバック(0)



 | HOME |