TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
テスト1のPart7が、あまりにも集中してなかったので、やり直してみました。

1回目 → 2回目 → 3回目
30問正解→27問正解→34問正解。

3回目なので、多少文章覚えてしまってますが(^-^;

今回、しっかり読まずに速さを追求してみよう!と、思って、終わった問題数…

1回目 → 2回目 → 3回目
39問 → 38問 → 39問

って!?(笑) 同じ!

2回目にやった時に、Part6までで26分経過していたので、そこからという計算でやってみたんですが…

今回は、前回のところから、5分30秒あまったんですが、前の問題が1問抜けていてずれているのを慌てて直したり、塗り絵をしたりしていて、

しかも、次ダブルじゃなくてトリプルー!??? って焦っているうちに

5分くらい終わってしまいました(^^;

塗り絵した15問のうち1問しか当たってないという運のなさも酷い。

34問プラス1で35問正解ということにはなりますが…。

Part7は40問くらい正解が欲しいので…

でも、運が良ければ、当たっちゃう可能性もあるくらいな数字のような気もしますが……

この9ヵ月何をしてきたのか、って感じです。

というか、前に、あとダブル二つ分できればと書きましたが、トリプル2つ分でしたね。

でも、ちゃんと読めてればトリプル1つ分で足りそうな気も。

っていうか、難しいシングルの問題を飛ばした方がよかったのかな…。

でも、やっぱりもう一段階、基礎力を底上げしないと、次でかならず800点台を出すのは難しそうですね。

何か、この、基礎力のポイントってありそうな気がします。

多少の点数のブレはあっても、

700点の壁とか800点の壁とか言いますけど、

何となく、その感覚がわかるような気がするというか。

小手先だけではその階段はあがれない気がします。

英語基礎体力をつけないとですねー。
洋書ランキング 英語学習者(中年)ランキング TOEICランキング 人気ブログランキングへ

TOEIC 模試 | コメント(0) | トラックバック(0)



コメント

管理者のみに表示